働きやすい環境の医療事務求人を探すことが大切!

医療事務求人の探し方【長く働ける職場を見つけよう】

みんなはどうやって職場を選んでいるのか

職場を選ぶポイントは長く働くことができる職場選びです。気になる求人を見つけたら、募集内容が自分が望んでいる内容か、仕事の内容だけでなく、給料だけでなく、休日などの福利厚生面もチェックが必要です。出来る限り職場の人間関係を確認することも重要です。会社を辞める人が少ない職場は人間関係が良好という判断材料のひとつとなります。以前みた求人が何ヶ月したらまた出てきたということは、離職率が高い可能性があります。

医療事務を目指したキッカケ

no.1

子供が小さく自宅でも勉強をはじめたことがきっかけ

出産のため会社を退職しましたが、空いた時間で学びたいという気持ちから医療事務の勉強をはじめました。医療事務の勉強は自宅でもすることができ、空いた時間を使って勉強をしていき資格を取得しました。子供が大きくなり仕事も可能になったため資格を活かした仕事に就くことが出来ました。

no.2

時間的融通が利く仕事

比較的時間に融通が利く医療事務は魅力的な職種です。子供が小さいうちは、体調の変化から早退やお休みをしてしまう心配がありましたが、働くママが多い職場なので気持ちがわかってくれて早退やお休みをすることができました。

no.3

患者として病院を利用したときに印象がよかった

自分が実際患者となって通院していたときの受付の方の対応がよかったことから、医療事務を目指しました。きびきびとした対応、そして、体調が悪いときには優しく声をかけていただき安心しました。苦手意識があった病院でも安心して待つことができました。

働きやすい環境の医療事務求人を探すことが大切!

パソコンを操作する人

医療事務はこんな人物に向いている

受付を行う医療事務は、病院が明るくなる柔らかな印象となる人がおすすめです。受付は診療前の待合室を見渡せる位置にいます。体調が悪い患者さんがいたときにいち早く気づくことができる気づくことができる人が医療事務として素質があります。体調が悪い患者さんを待たせないよう、業務の正確性と素早さが必要となります。

医療事務の仕事内容について

病院の受付として、初診の場合には、申込書や問診票を記入してもらったり、保険証の確認、再診の場合には診察券の確認や前回病院を受診してから月が跨いでいる場合には保険証の提出を行います。診察が終わったら、診察内容に基づいて患者さんが負担する計算を行います。
会計業務は大規模な病院では会計担当スタッフがいる場合もありますが、診療所やクリニックでは医療事務が会計処理を行う場合もあります。月初~毎月10日ぐらいまで、健康保険組合に提出するレセプトの締め処理を行います。

自分に合った働き方を見つける

医療事務の求人を名古屋で探すときには、正社員だけでなく、パートやアルバイト、契約社員といった幅広い雇用形態にて探すことができます。パートやアルバイトそして契約社員の場合には、忙しいレセプト締め時期を除けば比較的残業が少ないです。
正社員の場合には、忙しい締めの時期だけでなく、患者さんが増える連休明けなどに残業が発生することが多いです。子供が小さいので残業ができない、正社員として働きたいなど、求人を探すときには自分の働き方を検討することが大切です。

広告募集中