介護職の仕事内容や就職活動について理解しておこう

【介護職の求人に応募する時の注意点】清潔さと誠実さでアピール

就職への挑み方を学ぶ

介護職は需要が高いことから、求人は東京だけでなく全国で豊富に探すことができます。専門学校や、短大、大学と就職をするときにも就職に繋がりやすく、多くの学生が採用まで繋げることができています。

介護職の面接必勝法

面接時の服装は清潔で誠実さを出す

男女共に、介護ではカジュアルな服装で仕事をすることが多いです、面接のときにはスーツが無難です。スーツがないといういときには、ブラウスやワイシャツにシンプルなスカートやズボンと清潔さと誠実さを出すことが出来る服装で面接に臨みます。

不潔なイメージは取り除いて面接に臨む

ぼさぼさな髪や明るすぎる髪の色、派手なメイクやネイル、長い爪、汚れた爪、無精ひげ、結婚指輪以外の派手すぎるアクセサリー、シワになっているブラウスやシャツなど不潔なイメージがある身だしなみはNGです。

履歴書と職務経歴書は事前に再度見直す

履歴書や職務経歴書にうそがあること自体NGですが、面接するときには緊張をしてしまって、本当のことなのにしっかり答えられなかったということがないように、どんな内容を記入しているか事前にしっかりと確認しておきます。

遅刻はNG、やむを得ない場合には事前連絡する

遅刻はNGです。面接時間や交通機関、周辺地図など事前に確認しておきます。事前に準備をしっかりしていても、体調不良や電車の遅延などやむを得ない事情で遅刻する場合には、連絡は必ずします。逆に早すぎても先方に迷惑をかけてしまうため、到着目安は5~10分ほどまえに着くように調整します。

面接時には印象の良さが採用される鍵

面接時には、緊張してしまって声が小さくなりがちです。大きな声で話すだけで印象がかわってきます。丁寧な言葉使い、ゆっくり話すようにし、質問されても長々話すのではなく落ち着いて的確に答えるようにします。良く見せたいからと誇張してしまうとことは避けるようにします。頻繁に髪の毛や洋服、貧乏ゆすりは落ち着きがない印象を持たれますし、足を組むことはNGです。

介護職の仕事内容や就職活動について理解しておこう

面接

履歴書の書くポイント

パソコンで作成した履歴書が主流になってきていますが、介護業界で履歴書を提出するときには必須ではありませんが手書きがおすすめです。字がきれいかよりも、丁寧に一生懸命書かれているかをチェックされます。誤字脱字はNGで、直すときに修正テープや訂正線でもNGです。新しい用紙でもう一度書き直します。

介護士の仕事内容

介護職は、病気や筋力の低下、身体が不自由という方など着替えのサポートや食事、おむつ交換、入浴サポートなどの日常生活のサポートから書道やコーラスなどのレクリエーションのサポートなどを行います。
また利用者家族に介護についての相談や指導なども行います。

仕事のやりがい

仕事はハードですが、利用者がどんどん元気になってきていることが目に見えて分かることができ、自分がアドバイスやちょっとした工夫をしただけで利用者に喜ばれたり、感謝されるだけで、人の役に立てている実感することができます。

介護士は素晴らしい仕事である

社会への貢献や他人から感謝されていることを実感することができます。また人生の先輩から交流を持て貴重な話を聞くことができ、自分が成長することができる仕事です。

広告募集中