派遣の介護士は働きがいを感じる魅力的な仕事

派遣介護士の働きがい【介護士で良かったと感じる理由】

派遣の介護士は働きがいを感じる魅力的な仕事

介護

派遣の仕組み

派遣は自分の希望する時間で働くことができる働き方です。介護士として派遣で働く場合には、福祉施設など介護の現場にて急遽介護士が必要になったときのヘルプ要因となることが多いです。派遣会社から登録されている派遣介護士に連絡がいき、対応ができる人が派遣先に行くという仕組みになっています。

介護士の給料とは

介護士は基本給が低く、資格手当や休日手当や夜勤などで給料が上乗せされて目安として手取りで18万円前後です。介護士からさらにスキルアップするケアマネージャーの資格を取得すると待遇アップが期待できます。

介護士をやってて良かったこと

no.1

感謝の言葉に嬉しさが溢れる

利用者の方からありがとうと言われると、苦労も忘れてしまう嬉しさが溢れてきます。利用者の方やそのご家族に自分は役立っていると実感することができます。とくに、自分でよかったといわれると、利用者に信頼をしてもらっていると自信が持てるようになります。

no.2

利用者の改善がわかる

お手伝いしているうえで、利用者の方が症状の改善されていくことが介護士の喜びとなります。調子が良くなって来たり、以前より毎日が楽しく過ごせるようになったなど、身体的だけでなく精神的な改善されるとサポートができてよかったと実感することができます。

no.3

人生の先輩から学べることが多い

人生の先輩となる高齢者の方の話は大変貴重な話となります。長い人生にあった話やときには作法なども教えていただくことができます。教えていただいたことは、仕事だけでなくプライベートでも役に立ち、自分自身の幅を広げることができます。

no.4

自分の家族が介護が必要になったとき役立つ

自分の家族が介護が必要になったときに、技術も知識もなければ何もすることができません。入浴サポートや食事のサポート、身体を動かすためのサポートの技術も知識は簡単に身に着くものではありません。介護士として得た技術や知識は、いざ自分の家族の介護が必要になったときに大変役立ちます。

no.5

健康のありがたさを実感する

介護が必要ではない、自由に動ける自分がどんなに幸せかを実感することができます。不自由の大変さ、健康が続くためにどんな生活を送ればよいのかなど考えさせられます。介護を通じて健康意識が高まり生活習慣を改善する人も少なくありません。

広告募集中